ごはんカフェ ベニ

こだわりのお水

「お茶かつ」の出し汁のベースはお水です。このお水も大切です。当店ではオリジナルのお水を使って出し汁を作ります。

ベニの水・コーヒー オリジナル水の開発成功

人の体は70%がお水です。妊婦さんの羊水・アトピーにも良い水をとるのが大切なのはもちろんのこと、お水は生命の源であり、人間が生きるための重要な物の一つです。
そのため、当店ではお水にもこだわり、健康でおいしいお水を使用しています。

オリジナル水開発成功までの過程

ある日、友達の奥さんが「これ使ってみてよ。」とポリタンクのお水を1つ置いていきました。
(生体水に一番近い水πウォーターです。)私は当初、お水なんて沸騰させてカルキを飛ばせば関係ないと思っていたので、しばらくの間その水を放置していました。
しかし、一週間くらいして「試してくれた?…是非お茶やコーヒーを水道水と作り比べてみてよ。」と奥さんから電話が入ったので、一度試してみることにしました。水道水でたてた紅茶とπウォーターでたてたものを飲み比べてみたら、その差は一目瞭然でした。明らかに水道水の方が渋いのです。
「これがカルキの味なんだ。」と思いました。コーヒーも比べてみたら、πウォーターで煎れると、嫌味のない味が出て胃酸過多にならないのです。実は、当時私はコーヒーが苦手でした。でもこのπウォーターで煎れるコーヒーは飲めるのです。
げっぷも出ません。早速、お店で使う水を全てπウォーターに切り替えました。
 さらにπウォーターを採用して3年くらい経って分かったのは、肩こりがなくなったことです。
以前は必ず月に一度は針鍼灸治療院へ行かないと辛かった肩こりが、半年に一度に減り、今では通院する必要すらなくなりました。

最近は気孔により味が変わることも分かり、気の入れ方にも工夫するようになりました。
また、名水と言われている水の環境を知る事で、水の味や力が違うことも分かりました。
現在当店ではπウォーターに2つ3つプラスしたオリジナルのお水でコーヒーや料理をお客様に提供しています。三徳がおたてする利休の味と称して、一杯のコーヒーやお茶で7つの味をお楽しみ頂くサービスも行っています。


page top